Sakura Television Network Limited 事業説明

サービス内容

当社はオセアニア地域(オーストラリア+ニュージーランド)においてクールジャパン映像に特化したスマートメディア無料動画配信事業(観光、和食、文化、自然、歴史、芸術、旅番組等の映像を英語言語または英語字幕にて24時間構成)を行い、オールジャパンを現地にて発信しています。
他の部門として:

各種イベントの手配ならびに運営
広告代理業
各種企業PR
撮影業務
多チャンネル化を推進

Sakura TVはいつでも、

最新技術による高画質映像を提供、専有ネット回線を利用するため、いつでも、どこでも安定した放送を両国民は無料にて視聴できます。
安定したストリーミングシステムを構築し、視聴者は移動中でも、カフェでも、職場でも高画質の日本観光映像を楽しむことができます。

Sakura TV視聴者と
  • 海外観光や異文化に興味を持っている移民国家の両国民(3000万人)が対象。
  • 年間海外渡航者数約1000万人、海外旅行は長期間で3人に1人が行く。日本人は短期間で7人に1人。
  • 訪日渡航者数年間約50万人超(2016年度)を当社は2020年に100万人突破を目標設定。
  • ネット社会先進国の両国、スマホ、タブレット、PCなどを使いこなす10代~60代の幅広い年齢層を対象。
  • 日本の文化、自然、観光、和食、経済、日本語などに興味を持っている両国民が対象。
  • アジア課専攻の学生、日本人の友人知人、日本との輸出入関連企業の社員。
  • 長期海外旅行好きの両国民の次回旅行先の選択手段としてNext Destination。
  • 500店舗以上ある日本食レストランを訪れる日本食好き国民。
  • 両国内の宿泊施設への無料配信を視聴される旅行者。
視聴者増加、訪日観光客数増加必の必須ポイント

両国民に定着している長期休暇制度、国民はつねに次回のホリデー先を決める為に多方面の情報を集めていて、安定した渡航先である米国、EU以外の国々に目を向けるようになってきています。特にアジア方面への観光旅行は急激な増加を見ています。日本は未だに対象国トップ3に入っていません(日本へは55万人、世界へは1200万人以上が渡航)。しかし、日本に対する意識が強まるビッグイベントがもうすぐやってきます。両国民全員が日本に目を向けるのです。

2019年、ラグビーワールドカップ日本大会
2020年、東京オリンピック・パラリンピック
2021年、ワールドマスターズゲームズ KANSAI

政治的にも、また経済的にも安定した両国、さらに日本との交流も多々ある為に長期的な戦略が可能です。

さらなるポテンシャルがある

日本各都道府県市町村との姉妹都市関係149都市

訪日旅行期間中での消費金額が高い(1位オーストラリア2016年度 交通+宿泊+食費)両国民(観光庁調べ)。
長期休暇制度の文化が根付いている。
単身旅行よりも家族旅行が圧倒的に多い。
ゴールデンルートよりも地方への旅行意識が高い(Hands-on 体験型観光旅行)。
両国とも移民国家なので海外渡航が日常化している。
季節が真逆でサマーホリデー期間が、日本でのウィンタースポーツ期間となる。

広告料金の考え方
  • 低価格設定により、地方の中小企業、観光団体なども利用しやすく、スポンサー候補の幅が広がる。
  • SAKURA TVでは地方創成に役立つために海外プロモーション展開が可能な料金設定をプランします。
  • リーズナブルな$650+消費税(55000円)パッケージプランから(広告のご案内はこちら)。
  • 高額な日本国内ディアを利用するよりもコストパフォーマンスは高いと考えられます。例えば、ラグビーワールドカップの試合会場所在地の特産物メーカーや、ピョンチャン冬期オリンピックの流れで、ソウルからの直行便もある地域のスキー場施設関係もスポンサー候補です。基本言語は英語なので当地以外の全世界を対象にすることが可能。
  • 特にオセアニアは季節が反対なので売りやすいと考えられる。
  • 無料放送を利用したオセアニア地域での訪日インバウンド向けのメディアであり、同業他社がないので広報活動は有利であり、さらに低価格というメリットがある。
  • 他、イベント(中小企業製造業者を集めた海外でのイベント)、製品広報活動などへのお手伝い等は別途予算を作成します。
当社の広報プラン

Sakura TVは両国民に対し当社サービス視聴へのプロモーションを行います。

  • コアターゲットの獲得として、観光情報サイト、各旅行代理店とのタイアップ、スキー雑誌、コミュニティー情報誌への掲載を行います。
  • Japan Day, Anime Festival, Cosplay Festival, ハルマゲドン等の日本カルチャーに関係するイベントへの積極出店ならびにスポンサー参加を行い、幅広い年齢層に当社サービスへの視聴を訴えます。
  • 現地全国紙、無料配布新聞、各種現地の雑誌等へも定期的に広告掲載します。
  • 日本食系レストラン等を利用したプロモーションの実施を行います。
  • 日本国内の訪日関連企業や都道府県観光連盟等へも情報提供します。
  • SNSを多用します。
  • 両国内の日本食レストラン、ホテル等宿泊施設へのテレビ設置も随時行います。
  • 大学などの日本語・日本文化課クラスへのパンフレット配布やイベントへの招待を行います。
  • 当地での日本国大使館、総領事館、領事館、JETRO、JNTO等事務所でのパンフレット設置を行います。

 

日本に興味を持ち始めている両国民に対しSakura TVを観ていただき訪日観光への決断の後押しをする

Comments are closed.